So-net無料ブログ作成

台所スッキリ! 食器の数を減らす方法 食器の揃えはチーム運営と同じです [掃除・洗濯・健康]

我が家の食器は機能性で3つに分類しています

A:普段使い:使いやすく、洗いやすく、しまいやすい
B:客用:見た目は良いが、扱いにくい
C:個人用:その人しか使いたがらない

チームスポーツに例えると

A:先発メンバー
B:ここ一番の切り札
C:特殊な状況のワンポイント

===============

このところ叔母の引っ越しの手伝いに行っています

昨日は台所の整理をしました
几帳面な人だったのですが
寄る年波で面倒になったようです

レジ袋、布類、消耗品、乾物、調味料、割り箸、ポーション
キッチンで散らかりがちな細かいものの混合圧縮物体が
あらゆるコーナーに詰め込まれていました!

病院用の薄い使い捨て手袋をはめ
仕上げ拭き不要のキッチン用ウエットシートを持ち

私が前衛
あとの二人は後衛
「行きまーす!」

目標地点はコンドミニアムのキッチン
もしくは事務所の給湯室です
もう叔母はあまり難しい料理は作りません
手伝いに来た人が初見で使える状態に整えます!

うちでも混合圧縮物体は発生します
少しでも気を抜くと溜まります
分解は慣れています

ちょっと多いぞこれは!!!

激戦の末
日が暮れる前に何とかなりました
いやあ、みなさん、お疲れ様でした~(^^;)

~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の片付け分類は
A:毎日の生活に使うもの・無いと困るもの
B:行事に使うもの・余裕があれば楽しむもの
C:個人が使うもの・個人が好きで買い込むもの

A:毎日の生活に使うもの
これは消耗品と耐久品があります
消耗品の余分はストックします
耐久品は良い方を残し、悪い方を処分します

B:行事に使うもの
冠婚葬祭やレジャー用品です
スペースを決めて重要なものから収納します
入らなかったものは処分します

C:個人が使うもの
趣味の品です
これは自分の部屋で管理してもらいます
保管方法も処分するしないも全て自由です
積み上げて地震で崩れても自己責任です

年寄りの場合
床置き→つまづき→転倒→骨折すると
いくら自己責任でも周囲が迷惑するので
勧告→猶予期間→強制撤去する場合もあります

昔の賢い王様のお言葉です
「好きなものは際限がない」
「人は好きなもので身を滅ぼす」
「好きなものは我慢しなさい」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてではこの分類で食器を分けてみましょう

A:普段使い:使いやすく、洗いやすく、しまいやすい
B:客用:見た目は良いが、扱いにくい
C:個人用:その人しか使いたがらない

うちではC分類(個人用)の食器は個人管理になっております
「自分で洗ってね」というと
C分類は使いにくく、洗いにくく、しまいにくいものが多いので
そのうち姿を見せなくなります(笑)

うちの普段食器は、染付、赤絵、萩、伊万里に限定しています
食器.JPG
質感を揃えておくと、形が違ってもなんとなく統一感が出るんですよね
だから、うっかり割っても大丈夫(笑)
あと足りないところは、スタック型のガラス製品を補助的に使います
ちょっと業務用な雰囲気が気になりますが
割れても同じものが補充できるので
これも割っても大丈夫(笑)

来客用の食事の食器はありません
うちでお出しするのはお茶とお菓子だけです
ですので
コーヒー&ソーサーセット、ケーキトレー
汲み出し揃い、菓子器、銘々皿はあります

料理を出さない理由ですが

だって料理してたら接客できないじゃないですか
接客してたら料理できないし

私が同席するためには
外に食べに出るか
デリバリーを頼みます

身内か親しい友人で
カウンター越しに後ろ向きで大声でしゃべってよろしければ
染付、赤絵、萩、伊万里の取合せでお出しします(^^)

~~~~~~~~~~~~~~~~~

話を戻します

ABC、規定通りに仕分けすると
かなりの量の「心残りのあるもの」を処分することになります
手伝ったおうちの皆様には「冷酷な片付け」という評判を頂いております(^^;)
勇気のある方はどうぞおためしください(^^)

nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 21

コメント 4

アビッチ3号

買ったは良いけれど全く使用されず引越しの際に、燃えないゴミとして出されるのであればまさに悲劇です( ^ω^ ) 使用されてこその器!ただ気に入って購入される、したい欲求は強いのでしょうね(^_^) 料理の腕、年齢に見合った量に応じて取捨選択する勇気は必要だと思います。私のような意見を出すと「じゃあ貴方はプラスチックかアルマイトの食器で準備しますがよろしいですね」と言われるのであえて口には出しませんが。背中を押してやるのが精一杯です(^_−)−☆
お片付けご苦労様です。
by アビッチ3号 (2014-03-31 10:49) 

Chobi.H.YAOITA

アビッチ3号さん、こんにちは
年配の方は「良いものはいざという時のために大事にとっておく」のが習慣になっていますから、せっかく買ったのに何度も使わなかったものが多いですね。それをいま出して使おうと思っても、その時代のデザインのクセがあるので、いまひとつ使いにくくて残念なことに・・・(>_<)私は長年それを傍で見て「いざという時は来ない」ということを学びましたので、手持ちの器は良いものから順に使うことにしています(^^)といっても予算の関係で手書きの本物はあまりなくて、良さそうに見える食器は全部プリントものです(^_−)−☆
by Chobi.H.YAOITA (2014-03-31 11:06) 

リュカ

お疲れ様でした^o^
食器、ほんとはいろいろ欲しい私です(笑)
季節によって使い分けたいけど、食器棚には限界があるので我慢w

あまりごちゃごちゃした空間は好きじゃないので、
捨てられない!とは無縁の人間ですが
食器は惹かれるの(笑)
展覧会で素敵な焼物観て我慢しますw
by リュカ (2014-03-31 11:55) 

Chobi.H.YAOITA

リュカさん、こんばんは
食器棚の限界(笑)
私も感じます~(T_T)
あと、使うと割れる宿命にも第二の限界が(笑)
割れても惜しくないお値段の器しか使えない小心者です(^^;)

季節の器、あこがれですよね!
懐石料理とかで素晴らしい器が次々と出てくると
もうそれだけでうっとりしてしまいます~(*^^*)
・・・でもそこでまた出会うのが予算の限界・・・
なかなか器って贅沢なものですね(^^;)
by Chobi.H.YAOITA (2014-03-31 20:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0